진짜바로알자[일본]

빛을발하라 2010. 3. 2. 11:57

に正しく知りましょう。聖書と新天地 

 

この容は教会や聖徒の信仰知識のために共益的な目的で聖書を根として書いたものです。 また、この容は教会や聖徒たちの信仰のため「あなたがたは、然り、然り、否、否と言いなさい」と仰せられたイエスの御言葉(マタ5:37)を根本として書いたのです。

 

雲に乗って来られるイエス様、突き刺した者たち、彼の故に嘆く地上の諸族

 

本文:啓1:7

引用聖句 : 使徒1:911、マタ24:31、ヨハ16:10、マタ23:39、啓10

 

啓示録118節は、啓示録の全章を要約した結論である。本文(7節)は、その中の一つの聖句である。

 

雲は見えないように包むもので、雲に乗って来られるイエス様は、霊で来られるのを意味する。使徒行伝1911節で雲に包まれてイエス様が見えなくなられた時、『見た時と同じ有様でまたおいでになります』と御使いが言った。マタイの福音書2431節の御使いと共に来られるイエス様は、27節にいなずま(霊)のように来ると言われて、ルカの福音書172224節には、いなずまのように来られるので見られないと言われた。ヨハネの福音書1610節には、『私が父のもとに行き、あなたがたはもはや私を見なくなる』と言われた。使徒ヨハネは啓示録1章で、霊でイエス様を見た。雲に乗って来られる方は、イエス様であり、イエス様の御名によって来られる方は、啓示録10章の御使いであった。

イエス様はマタイの福音書2339節に『祝福あれ。主の御名によって来られる方に。とあなたがたが言うときまであなたがたは今後決して私を見ることはありません』と言われた。主の御名によって来られる方は、ヨハネの福音書1426節の真理の聖霊、保恵師(助け主:旧、聖)であり、この聖霊は人のうちにおられる(ヨハ14:17)と言われた。主の御名によって来られた保恵師が、そのうちにおられるその人が、即ち『主の御名によって来られる方』であり、その人を見ることが、即ち主の御名によって来られた方を見るのである。マタイの福音書171013節とマタイの福音書1114節に、エリヤの名によって来たバプテスマヨハネを見ることが、即ちエリヤを見るのである。ヨハネの福音書543節とヨハネの福音書14811節と、ヨハネの福音書124446節のイエスは、父の御名によって来られた。父はイエスのうちに臨まれて、このイエスを見るのが、即ち父を見るのであったし、イエスを信じるのが、即ち父を信じるのであった。また、神様とイエス様と天国が『勝利者』に臨まれて(啓3:12)、勝利者はイエス様の御座に共に着かれる(啓3:21)と言われた。それ故に、雲に乗って来られるというのは、雲に包まれて見られないように、『霊によってこられること』を言うのである。

 

雲に乗って来られる主を見ることは、主の御名によって来られた保恵師の聖霊と一つになった人を見ることである。もちろん、当時のイエス様を突き刺した者たちの霊が再び来られるイエス様の霊を見るだろう。どころが、本文の意味は初臨の時神様の霊と一つになったイエス様を突き刺した者が、即ち神様にした者(ヨハ15:23参考)であるように、啓示録11章の主の御名によって来られた方、即ち主のそばに立つ者(ゼカ4章参考)を突き刺した者が主を突き刺した者になるという意味になる。本文の『地』は、啓示録13810節の地を言ったのであり、アダムの時、ノアの時、イエス様初臨の時と同じように、天に属した太陽、月、星(創37:911参考)のような選民が地に落ちて滅ぼされた肉たちを言う。

(地上の諸族が彼の故に嘆くというのは)申命記32章のモーセの歌のように、またエレミヤ全章の事件に対する哀歌のように、今日啓示録の主が再び来られる事件の前兆として、滅亡されて霊的異邦のバビロンに捕われている選民の悲しむなげきである。この死んだ霊たちのために、主のそばに立っている者が、荒布を着て悔い改めるようにしたが、死者たちがどう知るだろうか。今日、霊的シオン山(啓14章)によって救われた者以外に収穫されなかった者たちは、みな嘆く者になる。これは啓示録11章の二人の証人が死んで嘆くのでなく、終りの時に背教によって天から地に落ち、異邦に捕われて死んだ自分の霊が主の御名によって来られた者を信じられなかった嘆くその嘆きである。

 

 

出所 : http://cafe.daum.net/scjschool

출처 : 진짜바로알자 신천지
글쓴이 : 카시코이 원글보기
메모 :

 
 
 

진짜바로알자[일본]

빛을발하라 2010. 2. 28. 23:28

に正しく知りましょう。聖書と新天地 

 

この容は教会や聖徒の信仰知識のために共益的な目的で聖書を根として書いたものです。 また、この容は教会や聖徒たちの信仰のため「あなたがたは、然り、然り、否、否と言いなさい」と仰せられたイエスの御言葉(マタ5:37)を根本として書いたのです。

 

朗読する者、聞く者たち、守るものたち

 

本文 : 啓1:3

引用聖句 : 啓10章、 エゼ13章、マタ11:27、 マタ15:24、啓13:7、啓7章、啓14

 

本文の御ことばは、師徒ヨハネが啓示録前章について見て聞いた後、一章一節から

8節までに要約した結論の中の一つの句節だある。この故にヨハネの啓示録13

の三つの内客(朗読する者、聞く者たち、守るものたちの幸い)も啓示録に対する

ものである。ここに対する正答は、イエス様と師徒ヨハネと今日啓示録10章の啓示

録の本を受けて食べたものに聞いて見れば得られる様になるだろうう。

朗読する者は啓示録、即ち啓示録10章で聞かれた巻き物を受け取って食べた師徒ヨ

ハネであり、聞く者たちは啓示録10章で言った民族、国民、国語、王であり、守る

ものたちはヨハネの啓示録11節と7章と14章の12志派144千人と白い群れ、僕た

ちである。

 

これは初臨のイエス様がエゼキエル1~3章の預言通り、マタイの福音書1127

で啓示を受けて、マタイ福音書1524節の失われた羊、即ち反逆した捕囚の人々の

イスラエルに、受け取って食べた啓示の巻き物の御ことばを伝えるのと同じに、師

徒ヨハネが幻でみて預言した啓示録が今日成就される時、聞かれた啓示の本を受け

取って食べて指示した通りに伝えるようになる。

この時聞いて見て信じて印を押されてのみ救われるようになり、これが神様が救わ

れる様にする意味である。今日我が新天地では、幻でない預言が成就された実体た

ちを聞かれた本の御ことばで証している。

 

ナタナエルは彼に言った。『ナザレから何の良いものが出るだろう。』ピりポは彼

に言った。『来てそして見なさい(ヨハ1:46)』

 

 

出所 : http://cafe.daum.net/scjschool

출처 : 진짜바로알자 신천지
글쓴이 : 카시코이 원글보기
메모 :

 
 
 

진짜바로알자[일본]

빛을발하라 2010. 2. 25. 22:42

に正しく知りましょう。聖書と新天地。

 

この容は教会や聖徒の信仰知識のために共益的な目的で聖書を根として書いたものです。

また、この容は教会や聖徒たちの信仰のため「あなたがたは、然り、然り、否、否と言いなさい」と仰せられたイエスの御言葉(マタ5:37)を根本として書いたのです。

 

 

真の異端と真の正統

 

聖書には正統という言葉がない。異端という言葉はあるが、「このようなものが異端」という話もない。しかし、信仰人が見て、それを定められる基準は聖書の中から見出すことができる。

 

聖書には、まことの神様(ヨハ17:3)とにせ神様がいて(ヨハ8:4144、Ⅱテサ2:4参考)、まことのぶどうの木(ヨハ15:1)と野ぶどうの木があり(32:3233、イザ5:2参考)、いのちの木と善悪の木があり(2:9)、真理(ヨハ1:143:2117:17)と非真理(ヨハ8:44参考)があり、神様の種と悪魔の種があり(マタ13:24253640)、まことの牧者とにせ牧者がいて(ヨハ8章、マタ15章参考)、天国と地獄がある(4章、啓2122章、Ⅱペテ2:4)

 

聖書には、神様から学ぶという御言葉があり(ヨハ6:45)、聖霊を受けて、地の果てまで主の証人となりなさいという御言葉がある(使1:8)。しかし、人々から学び、牧師の按手を受けて、壇上で御言葉を教えなさいという御言葉はない。また、聖書には、弟子たちが伝えた福音に反する他の福音を述べ伝えると呪われると記されていて(ガラ1:8)(聖書)に記録されていることを加減すると天国に行けず、神様が本に記録されている災いを加えると言われている(22:1819)

 

新・旧約の預言者や使徒たち、イエス様は誰と戦い、誰に迫害され、殺されただろうか?当時の牧者と長老たちであった(マタ15章、マタ23:3435、マタ27章、使7:5154)。また、主の再臨のときにも、啓示録16章、17章、18章のにせ牧者が主に敵対すると記されている。

 

聖書にイエス様はただで受けたので、値なしにあげなさいと言われた(イザ55:1、マタ10:8、啓21:622:17参考)。私たちがただで御言葉を教えて伝えるのを、お金をもらって教えている者たちは私たちを迫害し、異端だと言う。聖書とイエス様の御言葉に従ってただで教える方と、それに言い掛かりをつけて異端だと言っている方と、どちらが聖書的で、どちらが異端だろうか?

 

まことの正統とは聖霊の御心に従い、イエス様のように、使徒パウロのように、啓示を受けて証しする者である。今日、新天地で啓示を受けた者だけが、まことの神様とイエス様と今日の勝利者を知ることになり、待ち望んだ天国と永遠のいのちに至る(マタ11:27、ヨハ17:3、啓10章、啓21:13参考)

 

まことの異端とは悪霊の思いに従い、迫害と呪いと偽りと人殺しを行い、非聖書的で、恣意的な世の戒めを教える者であり、聖書の御心を知らずに聖書ではない、他の教理を教える者である(ヨハ8:44、ガラ1:8、Ⅱテサ2:912参考)。韓国キリスト言論協会のキリストマスコミフォーラム(7)に掲載された内容をみると、次のような衝撃的な事実に気付くようになる。「韓国キリスト教総連合会の根元は、軍事独裁政権当時、三選改憲を支持した保守派を集めようとした金○○の政治的な計画による保守キリスト教徒の結集である。」(韓国キリスト教総連合会ホームページ参照)。一方では、「韓国キリスト教総連合会は、1989年に立てられた、大韓イエス教長老会を主とする教団が会員教団として加入したプロテスタント教団の連合会であり、代表的な保守キリスト教団体として見なされる。」とも言った。これが事実ならば、韓国キリスト教総連合会が出帆した理由は政治的な目的による、保守キリスト教徒だけの結集なので、正統になれないのはもちろん、キリスト教の代表としても認めるわけにはいかない。また、長老教は日本の植民地時代に日本の神を拝み、賛美したのに、これがどうして正統だと言えるだろうか?この長老教はカルビンが創設したもので、カルビンはイエス様の戒めである愛と容赦と罪の赦しを信じずに、自分の教理に反対する者たちを殺した。その長老教の一部の牧者が、今日もカルビンのように自分の教会に改宗しないとして、家族に聖徒を殴り殺すようにさせることまで行った。これでも韓国キリスト教総連合会が正統になれるだろうか?

 

この韓国キリスト教総連合会所属の異端鑑別師に、最初は聖句40問を渡して、その後、10問を加えて質問したが、いまだに答えが返ってこない。聖書をちゃんと解くことすらできない彼らのことを果たして正統だと言えるものだろうか?彼らが自称正統と言ったことは、偽りを隠すための策略に過ぎない。偽者が本物のふりをして、正統のふりをしているのである。また、他の教団に異端だと言った行動は、自分が正統という教権をつかむためである。

 

今も我が新天地は言う。新約の預言書100問を置いて、各教団から30人ずつ出て来て大衆の前でテストを受けてみよう。自身があれば、出てきて答えてみなさい。

 

新天地の啓示神学を異端と言う方が本当の異端である。新天地は聖霊と啓示の御言葉を証しするまことの牧者がいて、まことの信仰人がいる所であり、正統中の正統である(ヨハ14章、16章、啓10章参考)。新天地を異端と言う者たちは、イエス様とその弟子たちに異端や悪魔と言ったその神の遺伝を引き継ぐ者である(ヨハ8章、使24:5参考)。「聖書に対する啓示と注釈」という本の証しをご覧なさい。誰がまことで、誰が偽りだろうか?嘘は悪魔の種である(マタ13:24283739、ヨハ8:44参考)。新天地は聖書に精通し、啓示録2章、3章の祝福を受けた勝利者のいる所であり、約束された天民12支派(7章、14)がいる所である。

モーセのとき、アブラハムとの契約を成就したように(12)、初臨イエス様のときに、旧約を成就したように(ヨハ19:30)、新約を成就したものがあり、その成就した実像を証ししている(1:2、啓10章、啓22:16参考)。新天地には、誰も出来なかったこと、すなわち新約を、現在、成就している(21:6参考)

12支派と勝利者がいない所には救いも、神様もない(7章、12章参考)。聖書も啓示も知らない者が、聖書に精通して聖書通りに成就し、聖書通りに信仰する者を異端だと言うのは、彼らと共にいる神が神様の神ではないためである。

 

今日、血で神様と契約を結んだ道を整える幕屋の聖殿(1:20 七つの金の燭台の幕屋、啓13:6 天の幕屋)は、上記の韓国キリスト教総連合会の勢力によって呑みこまれた。この韓国キリスト教総連合会に属せず、契約の幕屋から出て来た新天地イエス教は、神様と、再び血で契約を結んで立てられた神様の聖殿であり、国であり、民である(1:565:9107:91415:45)。我が新天地は、今日新約通りに成就されたことを証しする啓示の御言葉を宣べ伝えて、絶対的な公義公道の信仰と、神様の祭司長と国の使命を果たすつもりである。

 

出所 : http://cafe.daum.net/scjschool

출처 : 진짜바로알자 신천지
글쓴이 : 호시히메~☆ 원글보기
메모 :