한국철도 서울지하철

KORAIL Diesel Electric↔KORAIL Electric 직결운행시스템

일본 사이비집단 옴진리교의 정부전복 야욕.

댓글 0

Social Total/aum shinrikyo

2016. 5. 16.

송고사유 - Aum Shinrikyo Hate Denial.

 

<真理国基本律草案>

 

[前 文]

 

真理歴一年 月 日、神聖法皇は(富士神都)にて真理国の建国を宣言された。

すべての真理国国民にたいし、真理国建国の聖なる目的とその手続きを明らかに

するため、ここに真理国基本律二○条を公布する。

 

 

[第一章] 神聖法皇

 

第1条 

 

 神聖法皇は、(シヴァ大神の化身であり、)大宇宙の聖法の具現者で

 あって、何人といえども、その権威を侵してはならない。

 

第2条 

 

 神聖法皇は、大宇宙の聖法に則り、すべての魂の救済を目的として、真理国を統

 治する。

 

第3条 

 

 神聖法皇は、真理国統治のための機関として、政府をおく。政府の組織につい

 ては、別に律令でこれを定める。

 

第4条 

 

 神聖法皇は政府の運営の携わる官吏の任免をおこなう。官吏の任免手続につい

 ては、別に律令でこれを定める。

 

 

第5条 

 

 神聖法皇は、真理国の統治基準である律令の制定、施行および監督をおこなう。

 

第6条 

 

 神聖法皇は、律令に違反した者に、大宇宙の聖法に則った刑罰を与える。

 

第7条 

 

 神聖法皇は、真理国国軍の指揮をおこなう。

 

第8条 

 

 神聖法皇は、宣戦、講和あるいは通商など、外国との条約の締結および破棄を

 おこなう。

 

 

[第二章] 国民の権利義務

 

第9条 

 

 すべての真理国国民は、大宇宙の聖法に則った真理国の救済活動への参加を通

 じて、自らの魂の向上をはかる恩恵を享受することができる。

 

第10条 

 

 すべての真理国国民は、三宝を敬わなければならない。

 

第11条 

 

 すべての真理国国民は、自らの魂の向上

 

 

 

 

 

 

 

のため修行にはげまなければならない。

 

第12条 

 

 すべての真理国国民は、真理国の救済活動を維持するために、律令にさだめら

 れた納税をおこなわなければならない。

 

第13条 

 

 すべての真理国国民は、大宇宙の聖法を守護するために、律令にさだめられた

 軍役につかねばならない。

 

第14条 

 

 真理国国民たる資格は、別に律令でこれを定める。

 

 

[第三章] 神聖法皇位の継承および摂政

 

第15条 

 

 神聖法皇位は、神聖法皇の譲位あるいは捨身によって、予め指名されたものに

 継承される。神聖法皇位継承者の指名方法は、別に律令でこれを定める。

 

第16条 

 

 神聖法皇が幼少、あるいは病気の場合、補佐者として摂政をおくことができる。

 摂政の任命方法は、別に律令でこれを定める。

 

 

[第四章] 真理国の国章]、暦および首都

 

 

第17条 

 

 真理国の国章は、(梵字によるオウム字)である。

 

第18条 

 

 真理国の暦は、(その建国の年を真理暦元年)とする。

 

第19条 

 

 真理国の首都は、(富士神都)である。

 

 

[第五章] 改正手続

 

第20条 

 

 本律の改正は、神聖法皇のみがこれをおこなう。本律改正の手続は、律令でこ

 れを定める。

 

                                        1994年7月21日木曜日

사업자 정보 표시
| | | 사업자 등록번호 : -- | TEL : -- | 사이버몰의 이용약관 바로가기