종교자료

행복한 하루♥ 2017. 11. 6. 19:50

普通、法学部(漢陽(ハニャン)大学法学科)の時は集中して司法試験を準備しなかった。

구미재활병원  試験や就職の間で漠然と受験生の身分で務め、1996年大学を卒業した後2年間は彷徨した。 情が多い性格のため友達と交わりながら、時間を送る98年かなり遅く、軍隊に入隊した。 三十の敷居で軍隊を除隊した後、職業も取らなかった。 
 
三十に結婚をし、後に'法曹人'の夢を十分に持つようになった。 そして遅かったが、これといった彼の夢は結局、歴史的な記録として残ることになった。

7日、法務部が発表した'最後の'司法試験(59回)3回最終合格者のうちで'最高齢'の朴琮炫(パク・チョンヒョン)(45・写真)さんの話だ。

司法試験は最後の最終合格者55人を残して、歴史の中に消える。




朴氏は同日、中央日報との電話通話で"最後の司法試験に最も老いた合格者になったために全国的な恥をしているようだ"と笑った。
 そんな朴さんは"合格者リストを確認した後、妻と抱き合って号泣した 구미재활병원 "とした。 2次試験に6度挑戦の末に、15年間、新林洞(シンリムドン)考試村を自宅のように考えながら過ごした後に得た結果だったからだ。
 
30台を捧げた司法試験だった。 勉強期間が長くなるほど、疲れていった。구미재활병원

 一緒に司法試験を準備した宣・後輩たちがぽつりぽつりとロースクールに離れた。 彼は司法試験に固執した。 彼は"'私の若さを送った司法試験で最後を見ると、'は来るようなものが生まれた"とした。 "私がしっかりしている人になると空が私に一度は機会をくれると思いました。 それで挑戦を止められませんでした。"

そのたびに、夫人の金ヒョンジョン(44・現代カードの企業文化チーム次長)氏は"夢をあきらめてはならない"とした。 試験に落ちる時は、妻をつかまえて涙を流したりしたという。 たくさん泣いた。 朴氏は"妻の献身的な世話がなかったら、前、合格しなかったでしょう。 小言一度しないで勇気をくれたんです。"




最も大変だった試験は2014年に司法試験1回だった。 구미재활병원 試験を20日控え、父が亡くなった。 2男1女中長男である彼は"誰よりも長男が法曹界の関係者になることを願って、信じてくれた父だったに胸が痛くてすみた"と回想した。
'今回がなければこれ以上の司法試験はない'は事実に、懇切さはさらに大きかった。 '倒れた時に一番重要なことはまた起きること'(バレリーナの姜秀珍(カン・スジン))という文言を付箋に書いて机の前に付けた。





午前6時30分に永登浦区堂山洞の自宅を出て、新林洞(クァンアクグ・シ 구미재활병원 ンリムドン)の読書室で行われた深夜まで勉強した。 昨年2月1次試験に合格した後、今年6月2次試験を受ける時まで続いた。 精神を鍛練するために1日30分ずつジムでプレーした。 "の中がもどかしい時大いに高くなりました。 涙も出て汗も出て、すっきりしてなりました。。"

朴氏は今回合格の栄光を妻と同じ名前のもう1人の金ヒョンジョン(35)さんにも送った。 彼より10歳年下の司法試験勉強会のメンバーだ。 "時間を再おいて答案を作成した後にお互いに採点をしてくれる'実戦型スタディー'を一緒にしてくれて大きく役立った"とした。