카테고리 없음

이현웅 2007. 5. 10. 20:51
제목: 5월 8일 일본 한일협정문서공개소송 진행상황(일본어)
이름: 최봉태


등록일: 2007-05-09 14:11
조회수: 40


第2回口頭弁論と報告集会の報告

第2回口答弁論は、5月8日(火)10時50分から11時まで、東京地裁7階713号法廷で開かれ、その後の報告集会は、11時20分15から12時15分まで、弁護士会館12階1207号室で開催された。
原告ら訴訟代理人が提出した書類
・準備書面(1) = 日韓会談概観
・訴えの変更申立書 = 損害賠償請求

・証拠説明書(2) = 異議申立書、決定書、行政文書の開示請求に係る決定に

ついて(通知)、第4次日韓会談開示記録比較表、朝日新聞記事
 
被告指定代理人が提出した書類
・        準備書面(1)
・        証拠説明書(1)=異議申立書、決定書の謄本送付について、3月28日
      行政文書の開示請求に対する決定について(通知)、
答申書(審査会)17.7.26、 答申書(審査会)14。8.26


 裁判所が求めた釈明
原告側  変更申立ての損害賠償請求は、行政訴訟法によるものか、或いは民事訴訟法によるものなのかを釈明すること

  被告側  本来行政文書は請求の日から30日以内に出すことになっているが、平成20年までとしている、何故そんなに時間がかかるのか具体的に釈明すること

次回期日は7月10日(火)10時40分 東京地裁7階713号法廷

-답글달기     -목록보기  -글쓰기
최봉태
한국의 한일협정문서공개(2005.8.)로 인하여 1965.6.22. 한일청구권협정 체결금액(무상 3억불,유상 2억불)이 독립축하금과 경제협력자금으로 지불되었음이 확인되었다. 또한 한국의 태평양전쟁강제동원피해자들은 일본정부로 부터 한 푼도 보상을 받은 바가 없고, 그럼에도 불구하고 한일청구권협정으로 인하여 보상청구소송의 길마져 막혀 잇다. 따라서 일본이 1998년 한일어업협정을 파기하엿듯이 잘못된 한일청구권협정을 파기하여 일본으로 부터 정당한 보상을 받도록 서명에 동참합니다.